1. TOP
  2. ビジネス用語
  3. 「ご自愛ください」の正しい意味と使い方を例文でズバッと解説!返事や英訳も

「ご自愛ください」の正しい意味と使い方を例文でズバッと解説!返事や英訳も

「ご自愛(じあい)ください」という表現は、目上の相手を気遣う表現です。

しかし、よく知らずに使うと、逆に気遣いができない人だと思われるケースもしばしばあります。

しっかりと意味や表現の仕方を知って、マナー上手になりましょう。

ここでは、今すぐ使える具体的な例文集も豊富にご紹介しましたので、実際のメールや手紙の書き方に悩むこともなくなりますよ。


「ご自愛(じあい)ください」の意味とは?

「ご自愛ください」の意味は「お身体を大切にしてください」

「ご自愛ください」を、それぞれの語句ごとに見てみると、
・「ご」:相手のしたことや物に対する尊敬語
・「自」:自(みずか)ら、自分の身体
・「愛」:愛する、大切にする
・「ください」:「くださる」の尊敬語
ということになるので、「ご自愛ください」=「自分の体調に気をつけてください」、「自分を大切にしてください」という意味です。

「自愛」に「ご」「ください」の尊敬語を2つつけた丁寧な表現ですから、目上の人に対しても使えます。同僚などにも使えますが、ちょっとオーバーでよそよそしい感じになるかも知れませんね。取引先の相手に対しても、健康に対して労いの気持ちを伝えたいときには、より丁寧な言い回しで表現して使うとよいでしょう。

【注意】「お身体にご自愛ください」は間違い!

今まで、「お身体にご自愛ください」と書いていた人はいませんか?これでは意味が二重になってしまって変です。すでに「自愛」が、「自分の身体を大切にする」という意味なので、「お身体」という言葉は必要ありません。「お身体に~」とすると、「腹痛が痛い」と意味を重ねているようなイメージですね。

【注意】「ご慈愛(じあい)ください」は意味が反対になる!

これは決定的な間違いですね。「じあい」という読み方が同じでも、意味は反対になるので要注意です。入力時の変換間違いなども起きやすいので充分に気をつけましょう。「ご慈愛ください」=「自分に対して愛情を注いでください」と、お願いしていることになってしまうのです。これはまずいですよね?目上の人に、「(あなたが)私を大切にしてください」とお願いしたのでは、本末転倒です。


「ご自愛ください」の使い方は?

目上の人に対しても使える表現

「ご」と「ください」の2つの尊敬語がついているので、「ご自愛ください」は、上司や目上の人に対して使っても問題ありません。語尾が命令形なのが気になるのであれば、「~くださいませ」「~くださいますよう」と軟らかく表現するとよいでしょう。

「ご自愛ください」は文末に使う

手紙やメールには、用件だけではなくて、文末に相手の健康を気遣うひと言を添えるのがマナーですね。そこで、「ご自愛ください」が登場するわけですが、その前に、時候の言葉や理由を述べます。時候の挨拶は面倒という人もいますが、日本人らしい素敵なマナーなので大切にしたいものです。

たとえば、
「寒さ(暑さ)が厳しい折、どうぞご自愛くださいませ」
「インフルエンザが流行しているようですので、ご自愛ください」
などですね。

【注意】元気な相手に対して使う表現

これも注意が必要なポイントです。ついうっかり、は失礼です。「ご自愛ください」は、健康な人に対して使う表現で、病気などをしている人には使わないのです。

「体調を崩さずに、健康でいてください」という意味で使うのですから、具合が悪くなっている人には以下でご紹介する表現を使いましょう。

体調を崩している人に対して使う表現

・回復を願う表現:「一日も早く○○さんのお元気なお顔を拝見したいです」や、「一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます」などです。
・休養をすすめる表現:「ゆっくりご静養に専念されてくださいませ」や「どうか焦らず、この機会に充分身体を休めてください」などです。

また、体調を崩して休んでいる人に対して、「その後、具合はいかがですか?」と聞くのは、ちょっとした体調不良ならばOKですが、重病の場合にはやめたほうが無難です。具合を聞くことによって、相手が辛くなってしまう場合もあります。病気がかえって悪くなってしまったようなときには、相手が返事に困ってしまいますしね。

季節に関係なく使えるフレーズ

暑中見舞いや残暑見舞い、年賀状などで「ご自愛ください」と使うことが多いですが、とくに季節に関係なく使えます。

たとえば、
「寒い(暑い)毎日が続いておりますが、くれぐれもご自愛ください」
「寒さ(暑さ)厳しき折、くれぐれもご自愛くださいませ」
「体調を崩されませんようご自愛ください」
などですね。

男女ともに使えるフレーズ

「愛」という字が入っているので、男性はちょっと使いにくく感じる人もいるかも知れませんが、本来は男女ともに使えるフレーズです。「自愛」は「自分の身体を大切にする」という意味ですから、男性が使ってもまったく変ではありません。


「ご自愛ください」の例文集

1.より丁寧な表現→「どうぞご自愛ください」
2.体調を崩しやすい季節や忙しい相手に対して→「くれぐれもご自愛ください」
3.身体に気をつけてほしい理由を述べる→「~ので、ご自愛ください」
4.上司や取引先などへの改まった表現→「何卒ご自愛のほどお願い申し上げます」

1.「どうぞご自愛ください」

「ご自愛ください」だけでは、ちょっと物足りないなと感じたら、より丁寧になる「どうぞ」をつけましょう。

たとえば、
「朝夕の寒暖差が激しい季節柄ですので、どうぞご自愛ください」
「厳しい寒さ(暑さ)が続きますが、どうぞご自愛ください」
などです。

2.「くれぐれもご自愛ください」

「くれぐれも」とつけることで、「より一層身体に気をつけてくださいね」という意味を込められます。体調を崩しやすい季節や、忙しくて身体のことが後回しになりそうなときなどに使うとよいですね。

たとえば、
「寒さ(暑さ)厳しい季節柄、くれぐれもご自愛ください」
「ご多忙の折ではありますが、くれぐれもご自愛ください」
などです。

3.「~ので、ご自愛ください」

「~ので」で、相手の身体を気遣う理由を述べる表現の仕方です。

たとえば、
「厳しい寒さ(暑さ)が続く毎日ですので、くれぐれもご自愛ください」
「季節の変わり目で体調を崩しやすいので、自愛ください」
などです。

4.「何卒ご自愛のほどお願い申し上げます」

自分のことを気にかけてくれる上司や、取引先の相手など、より丁寧な表現をしたい場合に使います。

たとえば、
「向寒(こうかん)の折柄、何卒ご自愛のほどお願い申し上げます」
「風邪などお召しになりませぬよう、何卒ご自愛のほどお願い申し上げます」
などです。


「ご自愛ください」の季節別例文集

暑中見舞いや残暑見舞い、年賀状などに使われることが多い「ご自愛ください」ですが、基本的にどんな季節でも使うことができます。「ご自愛ください」の前に、季節の挨拶をつければよいのです。季節を表す言葉は、厳密には暦の季節の言葉で表現します。しかし、今は、気象庁の定義した時期の言葉を使う人も増えてきているので、昔の暦でも今の暦でも間違いではないでしょう。

最初に、基本的な春夏秋冬の暦と、時候の挨拶の確認からしていきましょう。

「春」:立春(2月初旬)~5月初旬「現代の3~5月」

3月:「春もたけなわの頃となりました」、
4月:「風薫る季節となりました」、
5月:「梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いております」
などと表現します。

「夏」:立夏(5月初旬)~8月初旬「現代の6~8月」

6月:「暑中お見舞い申し上げます」、
7月:「残暑お見舞い申し上げます」、
8月:「朝夕は、めっきり凌ぎやすくなりました」
などと表現します。

「秋」:立秋(8月初旬)~11月初旬「現代の9~11月」
9月:「いよいよ秋も深まってまいりました」
10月:「朝晩はめっきり寒くなってまいりました」
11月:「師走に入り、あわただしい毎日が続いております」
などと表現します。

「冬」:立冬(11月初旬)~2月初旬「現代の12~2月」

12月:「寒中お見舞い申し上げます」、
1月:「立春とは名ばかりで、まだまだ寒い日が続いております」
2月:「寒さの中にも、春の気配を感じる頃となりました」
などと表現します。

ここでおさらいですが、立春・立夏・立秋・立冬の目安は、以下の日付け(年によって1~2日のズレはある)になります。
・立春:2月4日前後
・立夏:5月6日前後
・立秋:8月8日前後
・立冬:11月7日前後

次に、春~冬の「ご自愛ください」の例文と、暑中見舞い・残暑見舞いの例文をご紹介していきます。

春の例文

・2月「暦の上では春ですが、厳しい寒さが続きます。ご自愛くださいませ」
・3月「何かとせわしい季節の変わり目です。くれぐれもご自愛ください」
・4月「花冷えの折、ご自愛ください」
・5月「梅雨入りも間近です。体調など崩されませぬよう何卒ご自愛くださいませ」

ほかにも、「天候が変わりやすい季節」、「浅春(せんしゅん)の時節柄」、「春寒料峭(しゅんかんりょうしょう)のみぎり」などのフレーズも覚えておくと便利ですよ。

夏の例文

「暑中見舞い」=「梅雨明けから立秋」まで、「残暑見舞い」=「立秋から8月いっぱいまで」と覚えておきましょう。
「暑中お見舞い申し上げます。」に続けて、以下のように書きましょう。
・5月「軽暑のみぎり、ご自愛くださいませ」
・6月「うっとうしい日々が続きますが、梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。どうかご自愛ください」
・7月「暑熱耐え難き(しょねつたえがたき)時節ですが、夏バテなどされませんようどうかご自愛くださいませ」
・8月「立秋とはいえまだまだ厳しい暑さです。何卒ご自愛ください」

また、よく風邪をひいてしまう人には、夏風邪に注意するように気遣いをすると、なおよいでしょう。「夏風邪など召されませぬよう、くれぐれもご自愛ください」などですね。

ほかにも、「梅雨冷えが厳しい時節柄」、「蒸し暑さが増します折」、「酷暑の中」、「炎暑酷暑(えんしょこくしょ)のみぎり」、「猛暑の折」などのフレーズも使えます。

※暑中見舞いのテンプレート

暑中見舞いは、基本的に以下のような書き方をします。
1.冒頭:暑中お見舞い申し上げます。(やや大きめに書きます)
2.時候の挨拶や相手を気遣う言葉:(例)暑さ厳しい折、いかがお過ごしでしょうか?
3.自分自身の近況(省略してもOK):(例)私ども家族一同は、いたって元気に過ごしております。
4.結びの言葉や相手を気遣う言葉:(例)これからも厳しい暑さが続くようですので、どうぞご自愛ください。
日付(○年□月△日と具体的な日付にはしない):(例)令和元年 盛夏、八月

たとえば、

「暑中お見舞い申し上げます。毎日厳しい暑さが続いておりますが、ご健勝のことと存じております。常日頃からお顔を拝見しておりますのに、あらためて暑中のご挨拶もどうかとは思いましたが、このところのあまりの暑さに筆をとった次第です。どうぞ、くれぐれもご自愛くださいますように、家族一同お祈り申し上げております。令和元年 盛夏」

「暑中お見舞い申し上げます。梅雨が明けたと思ったら、急に猛暑になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。今年は、例年にも増して暑さが厳しく感じられます。これからも暑さが続きますので、どうかご自愛ください。令和○年 七月」

のような感じにしたためます。

※残暑見舞いのテンプレート

暑中見舞いの書き方とほぼ同じです。
1.冒頭:残暑お見舞い申し上げます。(やや大きめに書きます)
2.時候の挨拶や相手を気遣う言葉
3.自分自身の近況(省略してもOK)
4.結びの言葉や相手を気遣う言葉
5.日付(○年□月△日と具体的な日付にはしない):(例)令和○年 晩夏、立秋、八月

たとえば、

「残暑お見舞い申し上げます。残暑なお厳しき折から、○○様におかれましては、お健やかにお過ごしのことと存じます。お礼が遅くなってしまいましたが、その節は大変お世話になりました。楽しい思い出ができましたこと、家族ともども感謝しております。この暑さはまだしばらく続きそうです。どうかくれぐれもご自愛ください。令和○年 八月」

「残暑お見舞い申し上げます。夏の疲れが出る頃ですが、お元気でお過ごしでしょうか。夏休みは、家族で田舎に帰ってのんびりとしてまいりました。秋風を感じる季節にはまだ早いですが、○○様もどうかご自愛くださいませ。令和元年 晩夏」

のような感じですね。

秋の例文

近年は、秋になってもまだまだ暑い日々が続くので、9月の表現というよりも、8月頃の暑さへの気遣いを表現してもよいかも知れません。
・8月:「残暑なお厳しき折柄、どうかご自愛くださいませ」
・9月:「夏の疲れが出やすい時節ですから、くれぐれもご自愛ください」
・10月:「日毎に朝晩冷え込むようになってきました。お風邪など召されませぬようご自愛くださいませ」
・11月:「本格的に寒くなってまいりました。風邪などひかれませぬよう、くれぐれもご自愛ください」

ほかにも、「夏の疲れが出るのはこれからと申します」、「秋も深まり心も静まる季節となりました」、「暑さも落ち着き、涼しくなりました」など、いろいろな言い回しが考えられますね。

冬の例文

「寒中見舞い」=「1月5、6日~立春まで」に送ります。立春を過ぎたら「余寒見舞い」です。
・11月:「年末に向けて仕事も一段と忙しくなる時期かと存じます。くれぐれもご自愛くださいませ」
・12月:「あわただしい年の暮れ、どうかご自愛ください」
・1月:「寒さ厳しき折、何卒ご自愛ください」
・2月:「三寒四温の時節柄、くれぐれもご自愛くださいませ」

ほかにも、「厳寒(げんかん)の折」、「極寒(ごくかん)の冬を迎えておりますが、時節柄~」、「暖冬とはどこへやら。寒さが増しますが~」などの言い方もできますね。


「ご自愛ください」の類語とは?

では次に、「ご自愛ください」の類語表現についてみていきましょう。

基本的には、「体調を崩されませぬようお気をつけください」や「お身体を大切にしてください」、「お身体をお労(いたわ)りください」などと言い換えができます。

注意ポイントとしては、体調が悪い人と健康な人とで、表現の仕方を変えるということです。

先ほど、体調がすぐれない人に対して、「ご自愛ください」は使ってはいけないことを説明しましたが、そういうときには具体的にどんな表現がよいのでしょうか?

体調が悪い人に使える表現

1.「お大事になさってください」:(意味)身体を大事にしてください、早くよくなってください
2.「お労(いたわ)りください」:(意味)身体に気をつけて大切にしてください
3.「おいといください」:(意味)身体を大事にして、ねぎらってください

1.「お大事になさってください」

体調のすぐれない人に対し、「早くよくなってください」「病気が悪くなりませんように」の意味を込めて使う言葉です。同僚などなら「お大事に」でもOKですが、目上の上司などに対しては、「お大事になさってください」と表現するのがベターです。

たとえば、
「お風邪を召されたと聞きました。どうぞお大事になさってくださいませ」
「これから病院に行かれるのですか?くれぐれもお大事になさってください」
などです。

2.「お労(いたわ)りください」

1番の「お大事になさってください」よりも、より強く相手を思いやる表現です。「労(いたわ)る」=「困っている人に同情する、(具合の悪い人に対して)同情の気持ちを持って優しく接する」という意味です。

調子が悪い相手に対してよく使う「お大事になさってください」に対して、「お労りください」は、文末の挨拶としてつかうこともあります。相手が無理をしませんように、という意味で使うのですね。

たとえば、
「時節柄、ご多忙と存じますので、くれぐれもお身体をお労りください」
「暑さ(寒さ)厳しき折、何卒お身体をお労りください」
などです。

3.「おいといください」

「厭(いと)う」=「労る、大事にする」ですから、「おいといください」=「身体を大事にして労ってください」という意味になります。

しかし、ここで注意点ですが、「厭う」は「嫌う、避ける」という悪い意味でも使うのです。ですから、相手を気遣うときには、「ひらがな」で「おいといください」と書くのが基本です。

「おいとい」と表現することで、相手を労る気持ちがより強くなりますが、あまり一般的ではないので、どちらかというと「お労りください」を使うほうがよいでしょう。

「おいといください」の例文としては、
「ご無理なされませぬよう、どうぞお身体をおいといください」
「寒さ(暑さ)厳しい折、お身体どうぞおいといください」
などです。

健康な人に使う表現

1.「ご自愛ください」:(意味)身体を大事にしてください
2.「ご自愛専一(じあいせんいつ)」:(意味)身体を第一に考えてください
3.「ご健勝をお祈り申し上げます」:(意味)健康であることをお祈りします

1.「ご自愛ください」

もう説明不要ですね。

2.「ご自愛専一(じあいせんいつ)」

「ごじあいせんいつ」の「専一(せんいつ)」=「他のことは考えずに、そのことだけに全力を注ぐこと」の意味です。ですから、「ご自愛専一」=「他のことはさておいて、自分の健康第一に考えてください」ということになります。

疲れているのに、無理をして頑張りすぎてしまう人などを気遣って使う表現ですね。

たとえば、
「何卒ご自愛専一にてお願いいたします」
「時節柄、ご自愛専一にご活躍くださいませ」
などです。

3.ご健勝をお祈り申し上げます

ビジネスシーンや結婚式、イベントのスピーチの締めくくりなどでよく使われるので、ほとんどの人が耳にしたことがあるでしょう。「健勝(けんしょう)」=「身体が健康な状態であること」の意味で、相手が健康で過ごせますように、という願いを込めて使います。

たとえば、
文末に「皆様のご健勝と、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます」、
乾杯のスピーチで「我が社の益々の発展と、皆様のご健勝を祈念いたしまして、乾杯!」
などです。

ここでの注意点は、「健勝」は「個人や家族の健康を祈る言葉」であること。会社などは、「ご健勝」ではなくて「ご発展」です。個人の健勝と、会社の発展を祈るわけですね。


「ご自愛ください」の英語での表現

英文メールを書くときに、「ご自愛ください」と表現したかったら「Please take care of yourself」を使うとよいです。ほかには、以下のような表現でもOKです。

英語での「ご自愛ください」

・「Please take care of yourself.」
・「Please take good care of yourself.」
・「Please look after yourself.」

たとえば、
「Please don’t work too hard, and take good care for yourself.」(あまりご無理をされませぬようご自愛ください)
「Please take care of yourself and have a great weekend.」(どうぞご自愛ください。そして、良い週末を!)
「Bitterly cold weather is likely to stay with us for a while. Please take care of yourself.」(厳しい寒さが続きそうです。ご自愛ください)
などです。

【注意】「Please」なしだとカジュアルな表現に

目上の上司などには、カジュアルすぎないように「Please」をつけましょう。友達などに「お大事に」と軽く表現するときには、
・「Take care.」
・「Be well.」
・「Get well soon.」
でもOKです。

※英文での「暑中見舞い」の例

「Allow me to give my summer greetings. How have you been since then? All my family is doing great. We went to the beach last week. It was a lot of fun. I hope you are also enjoying summer. Please take care of yourself, and I’ll see you soon.」(暑中見舞い申し上げます。 その後いかがお過ごしですか? こちらは家族みんな元気でやっています。先週海に行きました。 とても楽しかったです。 あなたも、この夏を楽しんでいらっしゃいますように。 どうぞご自愛ください、またお会いしましょう)


「ご自愛ください」への返事の仕方とは?

「ご自愛ください」といわれたら、何と返せばよいのでしょうか?
次の2つのポイントを押さえた返事をすればよいと覚えておきましょう。
1.気遣いに対するお礼
2.相手への気遣いの言葉

たとえば、
「お気遣いいただきまして、大変感謝しております。○○様も、体調を崩されませぬようお元気でお過ごしくださいませ」
「○○さんのお心遣い、大変嬉しく思っております。○○さんも健康にはくれぐれもご留意くださいね」
「温かいお心遣いの言葉、心から感謝申し上げます。○○様もお元気で過ごされますようお祈り申し上げます」
などです。

「気遣いに対するお礼+自分から相手を気遣う言葉」を添えて返事をすればよいのです。


まとめ

「ご自愛ください」=「自分の身体を大事にしてください」と、相手の健康を気遣う言葉。「ご自愛ください」自体が敬語ですから、そのまま目上の上司などにも使えます。ただし、取引先などにはもっと丁寧に伝えたほうがよいでしょう。

「ご自愛ください」は、健康な人に対して使う表現ですから、病気の人に対しては「一日も早いご回復を祈っております」などとの言い換えが必要です。

いろいろなシチュエーションで使える言葉なので、とっさのひと言が出るように覚えておきましょう。手紙やメールにしたためるときも、例文を参考にオリジナルな感じを出すとよいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

Career-1upの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Career-1upの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「ご査収ください」の正しい意味と使い方を例文でズバッと解説!返事や英訳も