1. TOP
  2. 人生の悩み
  3. 人生の転機の体験談まとめ【恋愛・結婚】年齢や予兆、人生のどん底の乗り越え方とは

人生の転機の体験談まとめ【恋愛・結婚】年齢や予兆、人生のどん底の乗り越え方とは

「恋愛で人生の転機を迎えた人たちは、後悔しない毎日を送れているの?」

「人生の転機だと思って結婚した人の体験談とアドバイスがほしい」

「彼との出会いが人生の転機なのか、判断がつかなくて迷っている」

出会い・恋愛・結婚などが「人生の転機」になることは少なくありません。

現在の恋人との関係に悩んだり、結婚しようか人生の岐路に立たされて迷っていたり。

だからこそ、恋愛・出会い・結婚などが「人生の転機だったが、後悔しない選択ができた」という体験談は、あなたにとって貴重なアドバイスとなるでしょう。

そこで、出会い・恋愛・結婚などで人生の転機を迎え、乗り越えてきた人たちの体験談を集めました。

この記事を読むことで、「人生の転機」で後悔のない選択・決断をするための、貴重な情報となるはずです。
もちろんフィクションではなく、当サイトで、インタビューして記事にしたものです。

どの方の人生の転機の体験談も、個性的なストーリーがあって、つい感情移入してしまいますよ。

ぜひあなたの「人生の転機」での後悔のない選択・決断に役立ててくださいね。

ということで、さっそく恋愛における「人生の転機」を経験した方々の体験談をご紹介していきましょう。


現在の彼氏との恋愛が人生の転機に!仕事も住む場所も変えて幸せになれました!

20代女性、えりかさん(仮名)です。さっそくですが、あなたが経験した人生の転機について教えてくださいね。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

人生の転機を迎えた年齢は?

あなたが「人生の転機」を迎えたのは何歳のときでしたか?ある程度の範囲でけっこうです。
20代前半(20〜25歳)です。

人生の転機でどんなことが起こったの?

具体的に、どのような出来事が人生の転機となったのか、教えてください。
同棲をするために今まで住んでいた土地を離れ、仕事も変えて、全く新しい生活が始めたんです。

同じ県内とはいえ 上と下では全然言葉や態度が違っていて感動を覚えました。

街行く人に名前を呼ばれて呼び止められることもなく少し寂しくもありましたが、一方で新しい土地なんだという嬉しさに包まれました。

人生の転機のきっかけはありましたか?

「あの出来事が人生の転機だったんだなぁ」と感じていることは何ですか?
今の彼氏に出会ったことが人生の転機のきっかけになりました。
あの時、連絡先の交換を断っていたとしたらこんなに素敵で幸せな日々は経験できなかったと思います。

人生の転機の予兆はありましたか?

「人生の転機」を迎えた当時、何か予兆のようなものは感じていましたか?
いえ、特に感じていませんでした。

「人生の転機」を迎えたときの状況は?

「人生の転機」を迎えた当時、どんなことを感じていましたか?
次のようなことを感じていました。

  • 理由もなく仕事や人間関係が上手くいかないと感じた
  • 仕事や好きなことがおもしろくないと感じた
  • 今の生活や環境を変えたいと感じた
具体的にどのような状況だったんですか?
どうしても自分自身が成長しなければならない環境でした。

休みなく働き、やつ当たられてもめげずに働き、前の日に眠れなくても仕事に行って。

また次の日も無理やり起きて、掛け持ちしてっていう、自分をひたすらにいじめるだけの生活をしていました。

そんな時に彼が現れて。

すこしずつ仕事を減らして楽になっていったんです。

人生の転機でどんな選択・決断をした?

人生の転機において、次のどの選択肢を決断しましたか?

  • 環境を変えたり、新しいことに挑戦する行動を起こした
  • 環境は変えずに、自分のやり方や考え方、行動を変えた
環境を変えたり、新しいことに挑戦する行動を起こしました。

新しい土地に来て、新しく人間関係を気付き上げて生きていく。

もう帰る場所はないからここで頑張って生きていかないとと自分を奮い立たせています。

周りが優しく満足なのでもう地元には戻りたくないと思っている自分もいます。

「人生の転機」で誰に相談した?

人生の転機において、あなたは誰かに相談しましたか?
彼に相談しました。

甘えて泣きつけたのが彼だったので、もう彼の言葉を信じて甘え切っていました。

でもそれで正解で、今も幸せなんで良かったと思います。

「人生の転機」での決断、後悔してない?

人生の転機における、あなたの決断を後悔していますか?
後悔していません。

新しい環境に降り立ち、彼との生活を満喫して楽しんでいるから、後悔なんてしていません。

その中で自分の生活基盤も作り上げて、ここに生きていく事を決意できたのが大きな事です。

逆に、彼に甘えなければ私はどうなっていたかと考えたほうが恐ろしいです

「人生の転機」って気づけるものなの?

もしまた人生の転機となる出来事が訪れたとした場合、「これはきっと人生の転機だ!」とその時に気づくことができそうですか?
その時はわからない。後から振り返って「人生の転機だったんだなぁ」と思うだけだと思います。

「人生の転機」に悩む読者さんに経験者としてアドバイスを!

やりたいと思ったらやり、無理と思ったらやめとく。
できそうな事はなんでもしてみたらいいと思います。

失敗しても成功しても良い思い出となり、いつかは笑い話になります。
あの時はアホやったなぁで終わる事なんやから、ビビる事はないし、むしろ楽しんでください!

えりかさん、ありがとうございました!


寿退職が人生の転機に!精神的にどん底だった仕事から解放され毎日が充実しています!

20代女性、みおなさん(仮名)です。さっそくですが、あなたが経験した人生の転機についてインタビューさせていただきます。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

人生の転機を迎えた年齢は?

あなたが「人生の転機」を迎えたのは何歳のときでしたか?ある程度の範囲でけっこうです。
20代後半(25〜30歳)です。

人生の転機でどんなことが起こったの?

具体的に、どのような出来事が人生の転機となったのか、教えてください。
結婚を機会に思い切って退職してみることが私の人生の転機となりました。

看護師の仕事を5年続けていました。

夜勤、残業も多く不規則な生活をおくっており精神的にも身体的にも疲れてきていましたが、なかなか仕事を辞めることができませんでした。

上司に退職のことを伝えましたがなかなか話が通じませんでした。

今後妊娠など将来のことを考えるとこのままではいけないと思い、タイミングを見計らっていました。

結婚することになったので、これを機会に無事退職することができました。

妊活をしながら、私生活に余裕が出てきたので資格の勉強や以前から興味があったライターの仕事をしてみたりして充実した生活をおくっています。

人生の転機だと思える理由は?

「あの出来事が人生の転機だったんだなぁ」と感じられる理由は何ですか?
結婚が自分の人生を見直すタイミングになったと思えるからです。

ずっと仕事一筋で自分のことは二の次でした。

残業、休日出勤するのは皆やっているから私もして当たり前だと自分の時間を削ってまで仕事をしていました。

結婚を機会に退職して生活をおくった時に、今までどれだけ余裕のない生活をしていたのか実感しました。

人生の転機の予兆はありましたか?

「人生の転機」を迎えた当時、何か予兆のようなものは感じていましたか?
はい、予兆を感じる出来事がありました。

以前から付き合っていた彼氏にプロポーズを受けた時です。

これが人生の転機につながるかもしれないと直感的に思いました。

同棲もしており、私の仕事の過酷さを彼氏もよく理解してくれていたので、しんどくて辛いなら仕事を退職してもかまわないと言われました。

生活のこともあるので働こうと気が張っていたところもありましたが、その言葉を聞いて肩の荷が降り、退職の話を進めることができました。

「人生の転機」を迎えたときの状況は?

「人生の転機」を迎えた当時、どんなことを感じていましたか?
今の生活や環境を変えたいと感じていました。

家族との時間を大切にしよう。
いっぱい読書をして旅行へ行こう。
興味のある分野の資格の勉強をしてみよう。
看護師以外で何かできる仕事をしてみたいと感じていました。

具体的にどのような状況だったんですか?
病気で健康な心を失っていました。

食欲がなくなり、食事もまともにできませんでした。

眠いのに仕事のことばかり考えて眠れなかったり、いくら休んでも疲れがとれませんでした。

また、ストレスで生理が止まったこともありました。イライラすることも多かったです。

人生の転機でどんな選択・決断をした?

人生の転機において、次のどの選択肢を決断しましたか?

  • 環境を変えたり、新しいことに挑戦する行動を起こした
  • 環境は変えずに、自分のやり方や考え方、行動を変えた
環境を変えたり、新しいことに挑戦する行動を起こしました。

今までしていた仕事を思い切って辞めてみる。

しかしなかなか退職させてくれなかったので、

結婚を機会に遠くへ引っ越すこと、

病院へ行き診断書をもらったことといった辞めざるを得ない状況をつくりだして話をしました。

何を言われても曲げない姿勢を貫き通しました。

「人生の転機」で誰に相談した?

人生の転機において、あなたは誰かに相談しましたか?
家族、彼、友人、会社の先輩や同僚に相談しました。

相談できた人が皆医療関係者であり、話をよくわかってくれました。

また年齢層も幅広く相談することで様々なアドバイスがほしいと思ったので、このような方々に相談しました。

「人生の転機」での決断、後悔してない?

人生の転機における、あなたの決断を後悔していますか?
後悔していません。

結婚して仕事を退職してからは身体的、精神的にも回復していきました。

何より夫と過ごす時間が増え、今まで以上に仲が深まりました。

時間の余裕ができたので、今までできなかったことができて良かったと思うからです。

「人生の転機」って気づけるものなの?

もしまた人生の転機となる出来事が訪れたとした場合、「これはきっと人生の転機だ!」とその時に気づくことができそうですか?
今回は自分が追い込まれた時に起こした行動が転機になっただけであって、その時はわからないと思います。後から振り返って気づくのではないでしょうか。

「人生の転機」に悩む読者さんに経験者としてアドバイスを!

何かを変えたいと思うのなら1歩前へ進んでみてもいいと思います。

何かを決断するというのは大変悩むことだと思います。

選択によっては後悔したり、人間関係が悪くなったりといったこともあるかもしれません。

しかし本当に何かを変えたいと思うのなら1歩前へ進んでみてもいいと思います。

どんな結果であれ、良いことも悪いことも後で振り返れば自分の力になっています。

視野が広がり、考え方も変わると思いますよ。

みおなさん、ありがとうございました!


結婚で浮気性の彼氏が激変したことが人生の転機に!女性関係の悩みも解消され幸せになれました!

30代女性、まいさん(仮名)です。さっそくですが、あなたが経験した人生の転機についてお話を聞かせてください。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

人生の転機を迎えた年齢は?

あなたが「人生の転機」を迎えたのは何歳のときでしたか?ある程度の範囲でけっこうです。
20代後半(25〜30歳)です。

人生の転機でどんなことが起こったの?

具体的に、どのような出来事が人生の転機となったのか、教えてください。
人並みかもしれませんが、結婚が人生の転機になりました。彼がそれまでの女性関係を清算して、私だけをみてくれるように生まれ変わってくれたんです。

交際から結婚に至るまでの間、彼には他に彼女がたくさん居ました。

そこから私一人になるまで毎日泣いて泣いて過ごしていたのですが、結婚というワードが出始めた頃には他の彼女たちは居なくなり、彼に一切浮気などの行為は無くなりました。

このまま結婚しても良いものかとギリギリまで悩み考え結婚しましたが、今となってはあの時の選択は間違えていなかったと思います

人生の転機のきっかけはありましたか?

「あの出来事が人生の転機だったんだなぁ」と感じていることは何ですか?
今の旦那からの結婚しよっかの一言があった日ですね。この日が人生の転機のきっかけになりました。

今でも日にち時間まではっきりと覚えています。

プロポーズと言えるのかどうか分からないですが、旦那から言ってくれると思っていなかったので、人生の転機だったんだろうと思っています。

人生の転機の予兆はありましたか?

「人生の転機」を迎えた当時、何か予兆のようなものは感じていましたか?
いえ、特に感じていませんでした。

「人生の転機」を迎えたときの状況は?

「人生の転機」を迎えた当時、どんなことを感じていましたか?
今の生活や環境を変えたいと感じていました。

いつまでたっても一人の彼女になれなくて、何でこんな人と一緒にいる事を選んだんやろう?

何でこの人のじゃないとダメなんだろう?と毎日自問自答してました。

具体的にどのような状況だったんですか?
彼の女性関係に悩んで、精神的にも鬱気味になり、毎日がどん底でした。

彼氏が出来てしばらくして彼女が自分一人ではない事を知り、悔しくて泣いて。

さらにその彼女から直接連絡が来て色々言われて、最終的に「結婚するのは私やから」と言われ続けて。

そのときは私は鬱になっていたかもしれないというくらい精神的に追い込まれていました。

診断してもらったわけではないので確かではないですが、毎日不安定で。

何もなくても涙が止まらなくなりひどく死にたいと思って過ごしてた毎日でした。

人生の転機でどんな選択・決断をした?

人生の転機において、次のどの選択肢を決断しましたか?

  • 環境を変えたり、新しいことに挑戦する行動を起こした
  • 環境は変えずに、自分のやり方や考え方、行動を変えた
環境は変えずに、自分のやり方や考え方、行動を変えた。

彼と一緒に過ごすという環境は変わっていませんでしたが、私の取り組み方、考え方を変えました。

今までの交際とは違い、すぐに同棲を始めたんですが、必要以上に気を張って生活するように心がけていました。

2人の生活が当たり前だと思ってもらえるようになるまで、気を抜かず掃除、洗濯、炊事全てを完璧にしなければいけないと、毎日奮闘しました。

「人生の転機」で誰に相談した?

人生の転機において、あなたは誰かに相談しましたか?
友人に相談しました。

相談した友人は高校からの親友で、職場も同じ所へ行っていた事もあったので。

何でも話しやすく率直な意見を聞かせてくれる相手だったからです。

「人生の転機」での決断、後悔してない?

人生の転機における、あなたの決断を後悔していますか?
後悔していません。

あの時結婚しないと決めていたら、後悔して未だに結婚もせず独り身だったと思います。

そこまで人を愛おしく感じた事が人生で初めてだったので、何がなんでも手放したくないとがむしゃらになってた事が後悔しない今の状況につながったんだと思います。

「人生の転機」って気づけるものなの?

もしまた人生の転機となる出来事が訪れたとした場合、「これはきっと人生の転機だ!」とその時に気づくことができそうですか?
次も、その時にはわからないですよ。人生の転機だったんだと後になって気づくんだと思います。

結婚する時でさえ、がむしゃらになってた間で何がなんでも手放したくない一心だけで突っ走ってただけなので、年々あの時が転機だったんだろうなぁ、と思い返しているくらいだからです。

「人生の転機」に悩む読者さんに経験者としてアドバイスを!

人生の転機で悩んでいる方へ、経験者として私自身が思っている事は次の1つだけです。

人から色々と意見だったり、注意だったりを聞いても、最終的には全て自分で決めるのだから、あの時のこうしておけば良かったと、後悔するぐらいなら出来る限り何でも挑戦しましょう。

一歩一歩ゆっくりでもいいから進むことが大事です。

まいさん、ありがとうございました!


期待してなかった婚活アプリでの出会いが人生の転機に!今までの恋愛では感じたことのない深い感情に幸せを感じています!

20代女性、ひなこさん(仮名)です。さっそくですが、あなたが経験した人生の転機について教えてくださいね。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

人生の転機を迎えた年齢は?

あなたが「人生の転機」を迎えたのは何歳のときでしたか?ある程度の範囲でけっこうです。
20代後半(25〜30歳)です。

人生の転機でどんなことが起こったの?

具体的に、どのような出来事が人生の転機となったのか、教えてください。
今の彼と出会えたことが人生の転機になりました。

元彼との別れから恋に対して臆病になり、好きという感情がわからなくなってしまっていました。

でも、婚活アプリで彼と出会うことにより、好きという感情が自然と芽生え、結婚前提に真剣交際できる運命の相手と出会えたことだと思います。

まさか自分でも婚活アプリで本当の相手に出会えるなんて、正直期待してませんでした(笑)

人生の転機のきっかけはありましたか?

「あの出来事が人生の転機だったんだなぁ」と感じていることは何ですか?
婚活アプリで今の彼氏と出会い、毎日メールをして結婚観も同じで、相談をお互いしていて、すごく支えられたことに気づいた時だと思います。

人生の転機の予兆はありましたか?

「人生の転機」を迎えた当時、何か予兆のようなものは感じていましたか?
はい、前兆みたいなものを感じる出来事はありました。

結婚観などの価値観が同じで、趣味も同じ、仕事に対する悩みを真剣に聞いてくれてすごく支えられたことが今までの恋愛にはありませんでした。

それが恋愛面において自分の人生の転機の前兆だったのではと今思えばそう感じています。

「人生の転機」を迎えたときの状況は?

「人生の転機」を迎えた当時、どんなことを感じていましたか?
次のようなことを感じていました。

  • 理由もなく仕事や人間関係が上手くいかないと感じた
  • 仕事や好きなことがおもしろくないと感じた
具体的にどのような状況だったんですか?
自分自身がつらい状況の中、まわりの状況が変化して、自分も変わらなければならない状況でした。

仕事がうまくいかず、特に人間関係で先輩から毎日嫌がらせといじめにあっていたんです。

そのため、すごく毎日の仕事が苦痛であり、好きなことが面白くないぐらいに気が滅入ってしまっていました。

そんな中で、友人が入籍をしていたりして周りの環境が変わり始め、自分も結婚前提の真剣交際できる相手をとにかく探さなければならないと感じました。

自分自身も成長していい恋愛がしたいと、真剣に自分磨きと婚活をしようと行動しなければと思う状況でした。

人生の転機でどんな選択・決断をした?

人生の転機において、次のどの選択肢を決断しましたか?

  • 環境を変えたり、新しいことに挑戦する行動を起こした
  • 環境は変えずに、自分のやり方や考え方、行動を変えた
環境は変えずに、自分のやり方や考え方、行動を変えました。

長く愛される、そして遊びではなく結婚前提に考えてもらう女性になるために色々と調べて欠点を直す努力をしたりしました。

また、待つだけの消極的な姿勢を改めなければと、婚活アプリを始めて真剣に婚活し、真剣に結婚前提に交際できる男性を探そうと積極的に行動しました。

「人生の転機」で誰に相談した?

人生の転機において、あなたは誰かに相談しましたか?
自分で解決すべきと考えて、誰にも相談しませんでした。

恋ができなかったのは過去のトラウマを払拭できていない自分のせいだと思ったので、自分で解決せねば前に進めないと思ったからです。

「人生の転機」での決断、後悔してない?

人生の転機における、あなたの決断を後悔していますか?
後悔していません。

今の彼氏と出会ったことにより、自分が今までの恋愛で出したことがない甘えや素が出せて。

凄く楽だし、もちろん喧嘩もするけれど、それだけ自分を大事に思って支えてくれる大事なひとに出会えたので凄く幸せです。

全然後悔していません。

「人生の転機」って気づけるものなの?

もしまた人生の転機となる出来事が訪れたとした場合、「これはきっと人生の転機だ!」とその時に気づくことができそうですか?
その時はわからない。後から振り返って「人生の転機だったんだなぁ」と思うだけだと思います。

今振り返ってみて、あの行動とあの出会いが自分にとって人生の転機かもしれないと実際に感じたくらいですから、リアルタイムですぐには気づけないなと思いました。

「人生の転機」に悩む読者さんに経験者としてアドバイスを!

まずはいったん足を止めて自分の気持ちと向き合うべきです。

自分が今何を望んでいるのか、どんな幸せをつかみたいか。

自分の気持ちと真剣に向き合ってそれに向かって努力をすることによって絶対にいい結果が待っているはずだと思います。

まずはいったん足を止めて考えてみようと、アドバイスすると思います。

ひなこさん、ありがとうございました!



次は少しスピリチュアル寄りな体験談です。好みが別れると思いますので、関心がある方だけご覧ください。


大船観音が人生の転機のきっかけに!仕事の人間関係に悩んでいた私でも結婚を考えられるようになりました!

40代女性、ななみさん(仮名)です。さっそくですが、あなたの人生の転機について体験談をインタビューさせていただきます。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

人生の転機を迎えた年齢は?

あなたが「人生の転機」を迎えたのは何歳のときでしたか?ある程度の範囲でけっこうです。
20代前半(20〜25歳)です。

人生の転機でどんなことが起こったの?

具体的に、どのような出来事が人生の転機となったのか、教えてください。
仕事で精神的にどん底の時に、久しぶりに連絡をとった彼との再会が、人生の転機となりました。

心身を崩してしまって、仕事を途中で辞めることになってしまい、これから先、どうやって生きていけばいいか、わからなくなった時でした。

実家に、このままずっと居候を続けてはいけない!と思いましたが、心身を崩していましたので、就職活動もなかなか進まないという状態でした。

生きる望みも失ったその時、久しぶりに連絡をとった彼との再会が、人生の転機だったと思います。

人生の転機のきっかけはありましたか?

「あの出来事が人生の転機だったんだなぁ」と感じている理由は何ですか?
少しスピリチュアル寄りになりますが、無意識に大船観音へ行こうと思ったからです。

生きる望みも失った時、精神的にも病んで部屋を出られないでいた私が、無意識に大船観音へ行ったという出来事が、人生の転機だったんだなぁと感じている理由です。

そして実際に大船観音に行ったときに経験した出来事が、彼との再会という人生の転機につながったんです。

人生の転機の予兆はありましたか?

「人生の転機」を迎えた当時、何か予兆のようなものは感じていましたか?
はい、前兆を感じる出来事がありました。


精神的にもどん底で部屋からも出られない状態だったのに、無意識に、大雪の中、大船観音へ行って、観音様の胎内へ入って、4時間無の境地に入り、出た時に、外が日本晴れの快晴だったという出来事が、前兆だと感じたことでした。

また、その出来事が人生の転機の前兆だと感じた理由は、観音様の胎内で、4時間無の境地に入っていた時に、頭に浮かんだ、人の名前、場所、言葉が、これからの私を導いてくれるんだと直感したからです。

「人生の転機」を迎えたときの状況は?

「人生の転機」を迎えた当時、どんなことを感じていましたか?
次のようなことを感じていました。

  • 理由もなく仕事や人間関係がうまくいかないと感じた
  • 今の生活や環境を変えたいと感じた
  • 過去を振り返り思い出にひたることが増えた
  • どうしようもなくやたら眠くなった
その当時、具体的にどのような状況だったんですか?
先輩と年上の後輩に板挟みになって人間不信になり出社できなくなりました。

就職して4年目の中堅で、初めて後輩と組んで仕事を任されていました。

ちょっと状況は複雑で、後輩の方が、学歴も年齢も上だったので、私は後輩を立てながら、フォローをしなければなりませんでした。

それでも、精いっぱい、私なりに、後輩が困らないように、一生懸命フォローしながら仕事していました。

しかし、10か月経ったころ、その後輩が、4月当初からずっと、私の愚痴を、先輩に相談していたということを、先輩から忠告されてしまいました。

先輩も、もう迷惑だから、自分たちで処理してよ!と気分を害されていて、ものすごく責められて、かたや、愚痴っていた当の本人は、何食わぬ顔で「おはようございま~す!」と笑顔で通勤してくるんです。

私は板挟みになり、どうしたらいいかわからなくなりました。

そして完全に人間不信に陥り、食べられず眠れない日々が続き、ついに、心身を壊して、仕事に行けなくなってしまいました。

人生の転機でどんな選択・決断をした?

人生の転機において、次のどの選択肢を決断しましたか?

  • 環境を変えたり、新しいことに挑戦する行動を起こした
  • 環境は変えずに、自分のやり方や考え方、行動を変えた
環境を変えたり、新しいことに挑戦する行動を起こしました。

その時の仕事を辞めて、病院へ通い始めました。

その中で、仕事に忙殺されて、気づかなかった様々なことを、休み始めて、ひとりで1日中過ごすようになって、感じるようになりました。

ずっと、眠れなかったので、長い終わりのなさそうな夜から明けた、朝の陽の光への感謝を、感じました。

こもりっきりだったので、久しぶりに出た外は、生き物が生き生きとして素晴らしい世界だなぁと感じ入りました。ゆっくり、ゆっくり、散歩しながら、踏みしめる足が、地面を、自分の体重を感じて、生きているんだと感じました。

そして、早く外へ出たい!自立したい!現状から抜け出したい!と強く感じるようになったんです。

徐々に良くなり、逆に支えてくれていた親が今度は体調を崩してしまったので、私は通院をやめ、親のケアをしていました。

早く就職して、安心させなければいけないと思って、派遣に登録したり、セミナーに勉強に行ったり、これから先の進路を調べに求人センターを訪れたりするようになりました。

そして、最終的には、しばらく連絡をとっていなかった彼と再会することになり、その彼と結婚をしたいという気持ちになりました。

「人生の転機」で誰に相談した?

人生の転機において、あなたは誰かに相談しましたか?
久しぶりに連絡をとった彼に相談しました。

私のことを、誰もわかってくれない!と、親も職場の同僚も、誰も信じられなくなっていました。

久しぶりに連絡を取った彼は、親身になって私の話を聞いてくれて、説教もしないし、説得もしませんでした。

それで、彼を信頼して、これから先の相談をすることができました。

「人生の転機」での決断、後悔してない?

人生の転機における、あなたの決断を後悔していますか?
後悔していません。

その時の決断が、生まれて初めて、自分の気持ちだけで決めたことだったからというのが、後悔していない1番大きな理由です。

それまでは、他力本願で、親や先生の考えの通りに選択し、大人になってからも「仕事を辞めたい」と親に相談しても「石の上にも3年だ、辛抱がたりん」と言われて続けて。

同僚に「もう無理だと思うから、辞める」と相談した時も、一緒に頑張ろうと説得されて、辞められなくて。

それでとうとう、心身を壊すところまでいってしまいました。

この人生の転機で、大船観音へ行ったことがきっかけになるとは思ってもみませんでした。

「人生の転機」って気づけるものなの?

もしまた人生の転機となる出来事が訪れたとした場合、「これはきっと人生の転機だ!」とその時に気づくことができそうですか?
人生の転機だ!とすぐに気付けると思います。

自分で人生を動かそうとしてもうまくいかないときもあると思います。

何か、先に気づかせる出来事を与えられて、与えられたときは苦しいことかもしれませんが、本人ならそれが人生の転機だと気が付けると思います。

「人生の転機」に悩む読者さんに経験者としてアドバイスを!

人生には目に見えない力が働いているものです。あなたの直感を信じて流れに身を任せるのも良いと思います。

生きているという事、これだけでも、もう、他力本願です。

全ては、自分の力でなしてきたことではなくて、自然の摂理の力によるもの。

自然・・・それは神か仏かわかりませんが、万物の恩恵。

その恩が深く重いという事を、ただただ感謝して、いつも忘れないでいると、おのずと、自分の意思をこえて、大きな力が働くものです。

あなたは、その他力に任せて、己の直感を信じて、「今」を壊すことを恐れず、疑わず、背かず、流れにのせてもらえばいいのです。

ななみさん、ありがとうございました!

\ SNSでシェアしよう! /

Career-1upの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Career-1upの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 人生の転機の体験談まとめ【失恋・離婚】年齢や前兆、人間関係や辛い別れでの決断とは

  • 人生の転機で辛いどん底から人生を好転させる方法!&前兆・予兆まとめ

  • 人生の転機の体験談まとめ【病気・家族】不幸のどん底で後悔のない決断はできた?

  • 人生が楽しくないのはなぜ?【リアル体験談レポ】単調でつまらない毎日を変える方法とは

  • 人生の転機の体験談まとめ【仕事・転職・退職】年齢、病気やどん底でのきっかけとは