1. TOP
  2. 仕事・職場の悩み
  3. 人生の転機で辛いどん底から人生を好転させる方法!仕事での前兆・予兆まとめ

人生の転機で辛いどん底から人生を好転させる方法!仕事での前兆・予兆まとめ

「人生の転機っていつ訪れるの? 気付ける!?」

「人生の転機では、どう行動したらいい!?」

「人生の転機で、後悔しない選択をしたい!」

人生の転機って私にも来るんでしょうか?もしかして、気づかないうちに過ぎていたりして・・・!

人生の転機をきっかけに、辛いどん底の人生を好転させる方法を知りたくはありませんか?また、人生の転機の前兆を見逃さないためのポイントもご紹介します。

この記事を読めば、人生の転機で後悔しない選択をするヒントを得ることができるはずです。ぜひ読んでみてください。



“人生の転機”と聞くと何か大げさに聞こえてしまいがちですが、誰にでも転機は訪れるものです。

それも何度でも。

であれば、人生の転機にしっかりと気づいて、そこで後悔のない行動をしたいですよね。

今まで当たり前であった日常が新しい展開を迎えるなど、それまでの状況から「新たな状況へ変化するきっかけ」が人生の転機。

この転機の訪れにより、自身が成長して良い方向へ転換したりするので、人生のステップアップに必要なものといえるでしょう。

しかし、人生の転機が訪れたとき、「そこでどういった選択をするか」が重要かのように思えますが、実はそうではありません。

人生の転機では、「どんな選択をしたか」よりも、大事なことがあるんです!

「どんな選択をしたか」よりも、「自身や人生をより良いものにしようという意志があったか」「実際に行動をしたか」こそが重要といえるのです。

へぇ〜、意外ですね!

また、人生の転機は必ずしもポジティブなタイミングで来るとは限りません。

“人生のどん底”ともいえるタイミングで転機が起こるチャンスが来ることも十分に考えられます。

その転機をきっかけに、人生を好転できる可能性があるのですから、それを逃さないようにしたいですよね。

人生の転機を逃さないために、まずは次の2点を意識しておきましょう!
人生の転機を逃さないために意識したいこと!

  • 人生の転機と気付けるように、前兆・予兆やサインを知っておく
  • 人生の転機をプラスに変える適切な行動を知っておく

人生の転機は、必ずといっていいほど自分自身の成長や変化につながる課題を伴って現れます。

つまりその課題に気付き、それに対する考え方や行動次第で人生そのものをプラスに変えることが出来るということです。

この記事では、“人生の転機”を迎えた人の体験談とともに、その前兆や選択について紹介しながら「人生の転機」を考えていきましょう。

転機を迎えやすい時期や年齢などにもふれていきますので、自分自身の現状に置き換えて参考にしるのも良いかもしれません。


人生の転機とは? 起こりやすい3つのタイミングとは?


後から思い返して「あの時が人生の転機だった」などと気がつく人も多くいるようです。

例えば・・・

  • 思い切って転職したとき
・故郷を離れて上京したとき
・大切な人とお別れしたとき
  • 長年住んでた家を引っ越したとき
  • 思い切って起業したとき

もし仮に後悔していたとしても戻ることはできません。

今の自分があるのは、過去の決断があるから。

そう信じて行動することで、最高の転機に変えられる。

そして過去を振り返ったときに「あのときが人生の転機だったな」と感じられる。

そういうことかもしれませんね。

逆を言えば、「あのときにああすれば」などと過去を振り返って考えてみると、これまでの人生での転機や分岐点がより分かりやすくなるかもしれません。

ちなみに、私が振り返って人生の転機だったと思うのは、すごく厳しい先輩の下について仕事をした2年間です。何回も怒られたり呆れられたり、その当時は辛かったんですけどね。
それがどうして「人生の転機だった」って思えるんですか?
その2年間が終わるころ、会社で注目され始めたんですよ。必死に喰らい付こうとしているうちに、自分でも気づかないうちにすごくスキルアップしてたみたいで。
辛い時期が人生の転機になるなんてわからないものですね。その時には気づけたら、もっと頑張れるのに。
私もその当時には人生の転機だとは気づけてなかったんですが、「足りない自分を変えよう」と必死に行動し続けたことが、状況を好転させるきっかけになったと今ならわかります。

人生のなかでは転機のきっかけとされやすいタイミングがあり、一般的には次のように言われています。

人生の転機のきっかけになりやすい3つのタイミング

  • 自分が成長したとき
  • 変化が必要なとき
  • 人生の節目のとき

このようなタイミングをきっかけに転機が起きやすいのはどうしてか、詳しくみてみましょう。


自分が成長したとき

自分が成長して、次の段階に進むべき時がきた場合、それが人生の転機となることが多いようです。

成長すると、仕事であっても人間関係であっても現状に物足りなさを感じて、変化を求めるのが自然です。

自分の成長に合わせて、取り巻く関係をもステップアップさせること、それが人生を充実させるための一歩であるといえるのです。


変化が必要なとき

今のままでは自分の成長が望めない状況の場合、また自分を取り巻く環境が変化した為に自身も変化する必要性に気付いた場合、人生の転機が訪れます。

人生を充実させるためには自分自身の成長が大きく関わります。

ここで人生の転機であると意識せずに自分だけ現状のまま進んでしまうと、自分自身の成長につながらないばかりか人生もつまらないものになってしまう可能性もあるのです。

先にご紹介した私の人生の転機は、この「変化が必要なとき」というケースに該当しますね。


人生の節目のとき

就職・結婚・子どもの誕生など、人生の節目が転機となる人も多いです。

女性に多く、女性は人生のステージの変化そのものを転機と捉えているように思います

これらは人生の中でもイベント性が高く、これらのイベントに伴い居住地やそれまでの生活習慣を変える必要があり自己の見直しとなることから、人生の転機となりやすいでしょう。

また、具体的年齢にすると25~26歳頃、33~35歳頃、40~42歳頃にも転機を迎えやすいと言われています。

これらの年齢は厄年とされてきた年齢に近く、心や体に変化が起こりやすい時期として知られているのです。

たしかに私たち女性は、結婚や出産で環境も生活も付き合う人も、とても変わっていきますもんね。


人生の転機の体験談とアドバイス!みんなはこうやって後悔のない決断をして乗り越えた!

実際に、人生の転機を乗り越えた人たちの体験談って興味ありませんか?

  • どうやって決断したのか
  • 時が経って、人生の転機における決断に後悔はしていないのか
  • どうやって乗り越えたのか
  • 人生の転機を経て、今幸せな状態になっているのか

経験者の方たちがどのようにして人生の転機を乗り越えたのか」を知ることは、あなたが人生の転機を乗り越えるのに、とても参考になるはずです。

はい、たしかに気になります。ぜひ聞いてみたいです。
では、人生の転機を4つのテーマに分けて記事にしています。あなたに必要な体験談をクリックしてぜひ読んでみてください。

もちろん、以下の章を読んでから体験談を読んでいただくと、さらに深く考えることができますよ。
別タブで開きますので、あとで読んでみてもOKです。


こんな前兆は人生の転機を迎えているサイン

「あの時が人生の転機だった」と振り返った時に、そこに前兆のような出来事や気分の変化があったことにも気づく人が多いようです。

例えば次の例が挙げられます。

見逃すな!人生の転機の前兆・予兆・サイン

  • 1) 理由もなく仕事や人間関係が上手くいかなくなる
  • 2) 仕事や好きなことがおもしろくないと感じる
  • 3) 今の生活や環境を変えたくなる
  • 4) 過去を振り返り思い出にひたることが増えた
  • 5) どうしようもなくやたらと眠くなる
  • 6) シンクロニシティが起きる、または続く

具体的にどういうことか詳しくみていきましょう。


理由もなく仕事や人間関係が上手くいかなくなる

「どうして?なんだか仕事もプライベートもうまくいかない!」

こんな風に感じてきたら、それは人生の転機が近づいているサインかもしれません。

これは、現状から環境を変える必要が出てきたともいえ、次のような状況にあなた自身が気づけていないことが原因のひとつでしょう。

  • 周囲の状況が変わり始め、自分も変わるときがきている
  • 自分が成長して今の仕事や人間関係では満足できなくなっている
  • 同じような毎日に飽きて、仕事や人づきあいが手抜きになっている

現状に飽きてしまっているような状況であれば、それまでのものに見切りをつけ、新しいものに目を向けてみるのが解決への最短経路という考え方ができます。

大きな変化ではなく、仕事であれば違うプロジェクトであったり、小さな変化でも新しい世界としてチャンスになるかもしれません。

しかしながら、こう感じたすべての人が転職や転居等の変化に踏み切れるわけではありませんよね。

はい。私にはすぐに環境を変える勇気はなかなか・・・

別の考え方として、環境を変えずに努力して現状を変化させようとする人のほうが多いでしょう。

そういった努力もまた、仕事や人間関係を良い方向に変えていくことにつながり、それが結果的に人生の転機となる人も多くいるようです。

「どちらを選択するか」より、選択した先で「どう行動するか」の方が、人生の転機では大切ということですね。


仕事や好きなことがおもしろくないと感じる

「なんだか仕事や人付き合いがぜんぜんおもしろくない!」

仕事でなく趣味などでも、このように感じてきたら、転機の前兆かもしれません。

これは、現状に慣れて刺激を感じなくなったり、自身の成長により現状の環境が物足りなくなったりと退屈を感じることが原因といえます。

自分が成長したことに気付けておらず、自分の中にある「変わりたい」という欲求を認識できていないのです。

他にも、長期に渡る過労やストレスが原因のこともありますが、どちらにしても現状を改善するための行動が必要な時期であるといえるでしょう。


今の生活や環境を変えたくなる

「不満があるわけじゃないけど、今の生活環境を変えてみたい!」

このように感じたときも、人生の転機を迎えている可能性があります。

現状に大きな不満や悩みが無いにも関わらず環境を変えたくなるのには、無意識のうちにでも自分自身の変化を望んでいるといえるでしょう。

人は「変わりたい!」と思った時に、物理的な物事(住居、衣服、断捨離など)から、生活環境(日常の行動範囲など)まで、自分の外側にあるものから変えてみようと思う傾向があります。

新しい服やカバンなどが欲しくなることもあるかもしれません。

今までに興味のなかったデザインに手を出すなど、身に着けるものから変化を望むことも考えられます。

また、他人の生き方が羨ましくなったり、成功談を耳にしたりなど、他人からの影響が変化を望むきっかけになっている場合もあり、転機につながる場合もあります。


過去を振り返り思い出にひたることが増えた

「以前は、プロジェクトとかやりがいもあって、周囲から期待も感じられて良かったなぁ」

このように過去を振り返って現状を蔑んでいるのも、人生の転機が近い可能性があります。

過去を振り返って懐かしむのは、現状の不満の投影であることもあり、現状に満足していれば過去のことを思い返すことはそう多くないといえるでしょう。

過去の思い出ばかり輝かしく思い返していると、現実の時間が勿体ないとは思いませんか。

たしかに、「学生時代はよかった」とか思いながら仕事したくないし、将来結婚したときに「独身時代はよかった」って思いながら子育てしたくないです。
過去が輝かしく見えるときほど、それを今の環境やあなた自身を変えるエネルギーにして、小さくても何か行動を起こしてみると人生の転機につながるでしょう。

そんなときこそ現状改善のチャンスであるといえ、転機が起こりやすい時期といえるのです。


どうしようもなくやたらと眠くなる

「眠い、ひたすら眠い・・・zzz」

特に寝不足が続いたり過労であったりするわけでもないのに、やたらと眠気に襲われる時こそが転機の前兆である場合もあります。

これは、さまざまな理由から「人生を変える必要がある」と無意識に感じているためともいえるからです。

自分では認識していない潜在意識の中で、変わりたい、どうしたら変われるかを脳が考え続けているとも言えるかもしれません。

悩んだり考え事をする時間が長いと、脳が疲れて眠気に襲われるのです。

また全く別の論点になりますが、人間が眠っている間にその魂はあの世に里帰りしているというスピリチュアル視点の考え方もあります。

どちらにしても、やたらと眠くなるのは人生の転機に備えての充電期間といえるのかもしれませんね。

ただしこれは一例であり、原因の思い当たらない眠気やだるさは体調不良の可能性も大きいので、長く続く場合は病院で診てもらうのがいいかもしれません。

この前兆・予兆は個人差や生活習慣、体調によっても変わりますので、あまり信頼度は高くないのでは?というのが個人的な印象です。


シンクロニシティが起きる、またはそれが続く

シンクロニシティとは、「意味のある偶然の一致」のことで、ユングが提唱した概念です。

いわゆる“虫の知らせ”のようなものであり、一見関係のない複数の事象が、まるで必然的かのような重なりを見せることです。

たとえば複数の人から同じようなメッセージを貰うことが続いたり、街の至るところから同じようなメッセージを感じ取ったりなどでシンクロニシティに気がつくこともあるでしょう。

また偶然の出会いや再会、思いもよらないチャンスなど、シンクロニシティによってその状況が“自分にとって必然的である”と感じたとき、それは転機の前兆かもしれません。

私、人生のどん底の時ほど、人生の転機が訪れるっていうお話、もう少し詳しく聞きたいです。
では、次の章で見ていきましょう。「人生の転機で正しい選択をするために知っておくべき大切なこと」を知りたい人は、その次の章へお進みください。


「人生どん底」 外的要因で迎える転機とは?

人生には幸福であるときとそうでないときがあり、なかでも“人生のどん底”といえるほどの不幸が訪れた際に、人生の転機になりやすいです。

多くは自分ではどうにもできない何らかの外的要因による予期せぬ不幸であり、たとえば次のようなものが挙げられます。

外的要因による人生の転機3つ

  • 病気や事故で健康な体や心を失う
  • 家族や恋人など大切な人との別れ
  • リストラや事業など経済面での失敗

これらの出来事がどうして人生の転機になりやすいのか、詳しくみてみましょう。


病気や事故で健康な体や心を失う

大きな病気な事故で健康を失うことにより、人生の転機のなることがあります。

まずは体調をくずすことで生活の変化を余儀なくされ、新しい環境に変わらざるを得なくなるなどの物理的変化があります。

今までと同じように働けなくなりますし、日常行動に支障がでると生活も変化させなればなりません。

お金持ちになるほど、健康に気にかける傾向が強いそうですが、健康があってこそ幸せを感じられる心を保てるということを十分にわかっているということなんでしょう。

また、元通り健康を取り戻した後に、闘病生活や死の淵を体験することによって人生観を変え、見つめ直すという心理的変化もあるでしょう。

大切な一度の人生を充実させたいという思いから、現状からの変化を望み、転機となる場合もあるということです。


家族や恋人など大切な人との別れ

出会いの数だけ別れもあるとはいいますが、大切な人との別れは心に相当大きなダメージを残します。

特に身内の不幸などでは、かけがえのない家族を失うことで孤独に襲われたり、生きる意味を失くしてしまう人もいるでしょう。

ましてそれが一家の大黒柱などであれば、生活や人生設計を突然変えなければならなくなるという変化も発生してきます。

他にも恋愛においての“別れ”や離婚等も、死別ほどの大きな別れでは無いとはいえ、大きな影響を残すでしょう。

こういった大切な人との別れこそが外的な要因となり、転機につながる1つのきっかけとえるのです。


リストラや事業など経済面での失敗

働くということは人生を考えるにあたり切っても切れないほど重要なことですが、リストラなどで職を失ったときこそ大きな転機となる可能性があります。

職を失うことで生活サイクルが変化し、収入がなくなることで生活レベルが変化し、事業の失敗となると多額の負債を抱える可能性もありますよね。

職を失うとそれまでの生活が根底から覆るといって良いでしょう。

また、精神的ショックも大いにあるでしょうし、自信や自己肯定感を失うこともあるかもしれません。

このような生活や心身のショックをきっかけに、自身の人生や働く意味を見つめ直すこととなり転機のきっかけとなるのです。

ここまで具体例を紹介しましたが、こうした辛い出来事が起きるのは、その後における「大きな人生の転機に向けての軌道修正のチャンス」ということもできるでしょう。

人生のどん底でどれほど辛いかは本人にしか本当の意味ではわからないので不用意なことは言えません。難しいですよね。
たしかにそうですね。しかし「どう前を向くか。行動に移すか」という気持ちが、逆境を「人生の転機のきっかけ」に変えていくのではないかと私は思います。


人生の転機で正しい選択をするために大切なこと

ここまで人生の転機の訪れやすいタイミングについて説明しましたが、では実際に「今が人生の転機だ!」とリアルタイムで感じた場合、どのような行動をとったら良いのでしょうか。

まず考え方の前提として2つの選択肢があります。

人生の転機における2つの選択肢

  • 今の環境のまま、自分のやり方や考え方を変える
  • 環境を変えたり、新しいことに挑戦する

つまり、環境をどこまで変えるかということです。

転機という言葉のイメージから、転職などで環境を変えるイメージをしがちです。

それまでと同じ環境に居ないことも大切かもしれません。

しかし、環境を変えることこそが必ずしも転機への最短経路であるという訳ではありません。

必ずしも「人生の転機=環境を変える」ではないんですね。


人生の転機では「とことん考えて自分自身で決断する」ことが重要!

これまで述べてきたように、環境を大きく変えずに現状打破する努力を重ねていくことで自分の成長につながり、結果的により良い人生への転機となる場合もあるのです。

環境を大きく変えてみる、それだけでは何の保証にもなりません。

環境を変えずにただただそこで踏ん張ればいいという問題でもありません。

大切なことは、環境を変えるのか、環境は変えずに自分を変えるのか、どちらにしたいのかをとことん考えること。

そのための情報を集めて、自分自身で決断するということです。

環境を変えただけではダメで、その先でどう行動するかが大事なんですね。
そうですね。逆に、「今の環境のまま頑張る」と決断したなら、その今の環境でどう行動するかが大事になるし、それが人生の転機になりうるということですね

では、人生の転機でとるべき行動と具体的な手順を見ていきましょう。


人生の転機でとるべき具体的な4つの手順

どちらを選ぶか、その時の具体的な状況や自身の気持ちもあるでしょう。

そこで、まずは現状を把握し、次のような行動が大切といえます。

人生の転機でとるべき4つの手順

  • 1) 状況を見極め、“どん底”の時は焦って動かない
  • 2) どんな選択肢があるか書き出す
  • 3) 自分の希望や不安要素を明確にする
  • 4) 最後は自分自身の選択肢を信頼する

重ねての注意ですが、場合によっては身内の不幸などで精神的に混乱している場合も考えられますので、その際は結論を急がないように注意してください。


1) どん底の時には焦って動かない

リストラなどで職を失った直後や、大切な人との別れの直後など、精神が乱れているときは注意が必要です。

気持ちが混乱しているなかでの判断では、例えばよく調べもせずに転職に踏み切ってしまうなどの見切り発進もあるかもしれません。

どん底での自暴自棄で、自分が本当に望んでいる選択を見失ってしまう可能性もおおいにあります。

まずは、心の落ち着きを取り戻すことが最優先です。

深い悲しみや失った自尊心に折り合いをつけ、心身ともに健康になることも大切なプロセスです。

辛い体験を通して自分に向き合い、見つめなおすことが成長につながり、その成長こそが既に人生の転機であるといえることも多くあるでしょう。


2) 選択肢を書き出す

「今が転機である」と感じてはいても、その後の選択に迷ってしまっているとき。

そんなときには自分に考えられる選択肢をじっくり考えて書き出してみましょう。

ここでは、「今の仕事がおもしろくなくなり人生の転機と感じている」場合を例に考えていきましょう。

自分を変える選択肢

  • 自分がやりたいと考えていた企画を提案してみるなど、職場を変えずに新しい挑戦をする
  • 資格を取る、スキルアップにつながる習い事をするなどして、仕事への専門性や理解を深める
  • 社外での交流会、社内でのやりとり等で新しい人間関係を作る
  • 今の仕事に関係ある副業を始めてみる

環境を変える選択肢

  • 今と同じ職種で、もっとやりがいのある会社に転職する
  • 全く新しい職種に転職する
  • 今の会社で部署や職種を変えてもらう

このような選択肢が挙げられます。

大切なことは、自分を変える・環境を変えるという2つの視点から考え、現実的に実現できる可能性のあるものを考えることが大切です。

仕事で転機を迎えていると感じた場合、具体的にはどう行動すればいいんですか?
仕事における人生の転機では、転職の相談をしてみることで、新たな環境に行くのか、そのまま今の環境で頑張るのか、その判断材料をもらえるのでオススメです。


仕事で転機を迎えていると感じたら、転職の相談を

社内での異動という選択肢もありますが、社外で選択肢を考えているのであれば、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

でも相談してしまうと、必ず転職しなきゃいけない雰囲気になるんじゃないですか?
そんなことはありません。情報を得た上で「やっぱり転職しない」と転職エージェントに伝えるのは全然ありなんですよ。

そうです。転職エージェントに相談と言っても、必ずしも転職しなくてもよいんです。

転職という選択肢もしっかり情報を集めたうえで、最終的に今の会社に残るのか、転職するのかを判断することが大切なわけです。

「転職はちょっと怖いから」と、具体的な情報すら集めないで、今の会社に残ることを決めてしまっては、人生の転機で後悔する可能性が高くなるでしょう。

たしかに、人生の転機で後悔しないためにも、新たな環境としてどんな選択肢があるのか、ちゃんと聞いたうえで今の環境と天秤にかけてしっかり判断すべきですよね。

転職エージェントとは、転職したい人を希望通りに転職させるサポートをする仕事です。

もちろん、転職先が具体的に決まっていなくても相談にのってもらえます。

何より、活躍するキャリアコンサルタントの方々は、人生の転機となるタイミングの人々を数多くサポートしてきた実績があります。

転職エージェントは数多くありますが、なかでもおすすめなのはリクルートエージェントです。

相談からでも歓迎してもらえ、完全無料で利用でき、登録も簡単で3分とかかりません。

大手であるリクルートが運営しており、総合型の転職エージェントであるため、どんな人でもあなたにあったキャリアコンサルタントの担当が見込めます。


会社を辞めたいけど辞められないなら代行してもらう

会社を辞めたいという気持ちはあっても、社内事情や人間関係などによりなかなか辞められずに困っている人も少なくないと思います。

特に上司との関係や職場でのハラスメントに悩んでいる方は、自分から退職を言い出しにくいこともあるでしょう。

パワハラに悩んでいた先輩も、結局は退職されましたが、それを切り出すのにすごく悩んでいました。でも私にもどうすることもできなくて心苦しかったです。
たしかに退職するという行動は、状況によってはかなりの気力と体力を使いますよね。そんな方向けの代行サービスも現在は注目されているようです。

そういった時は、退職代行サービスを使ってみるといいかもしれません。

辞めたくても辞められない人をサポートする仕事です。

なかでも「EXIT」というサービスは、LINEで相談できるので気軽に使うことが出来ておすすめです。

さて、話を戻して、人生の転機における具体的な4つの手順を見ていきましょう。1)どん底で焦って動かない。2)どんな選択肢があるか書き出す。3つ目は・・・


3) 自分の希望や不安を明確にする

さて、どのような選択肢があるのかを把握できたら、次は自分の気持ちです。

自分は何を希望しているのか、何に不安を感じているのか、明確にするために書き出してみましょう。

「今の仕事が嫌だ」という気持ちから、安直に転職へと結びつけずに、慎重に考えることが大切です。

人生を見据えた視点で、より良くしていくには今どんな行動を起こすのが得策であるのかを基準に考えてみましょう。

もし、何か迷いが生じる場合は、その迷いの原因となる不安要素を書き出します。

そうして不安要素が明確になると、それは進め方次第で解決出来るものかもしれません。

逆に最悪の展開を避けられるかもしれません。

たしかに。「転職って何となく不安」って思うけど、具体的に何に不安があるのか書き出すってことですね。
そうです。逆に、現在の会社ではどんな要望があるのか、それが実現できそうかをちゃんと整理して、実現困難であれば新たな環境も視野に入れてみましょう。

希望と不安。

自分の気持ちを両面から書き出してみることで、やった場合とやらなかった場合でどちらが納得できるか、後悔しないか」を、よりしっかり考えてみることができます。


4) じっくり考えたうえで自分自身の選択を信頼する

いろいろと考えた上での選択であったとしても、それが本当に正しいかというのはその時すぐには分からないものです。

ある程度時間が経過した時に分かることであるといえ、あとあと後悔しないためにも「自分で決める」ことが大切です。

占いやスピリチュアルの力も悪いものではありませんが、あまり頼りすぎても良くないかもしれません。

また、転機を経験した人からの経験談や成功談を聞いたり相談するのも良いことですが、この場合も最終的には必ず自分の意志で決定することを忘れないことです。

そうして自分と向き合いよく考え、自分の意志で決定した選択肢を信じて進むことを大切にしてください。

信頼できる家族や先輩に相談して決めたくなりますが、自分で決めないとダメですよね。
そうです。あとで、その信頼している人たちのせいにしないためにも。

繰り返しになりますが、人生の転機においては、「どちらを選択したか」はすぐに正解がわかるものではないし、これ自体が重要ではないのです。

  • 情報をしっかり集め選択肢を洗い出したか
  • 自分の気持ちと向き合って考え抜いたか
  • 自分を信じて自分自身で決断したか

これが人生の転機においては、大切なことなので忘れないようにしてください。


人生の転機で最高の結果を導く4つの行動とは

人生の転機について、これまでは選択・判断にあたっての考え方をベースに解説してきました。

ここでは人生の転機をより良いものにするための効果的な行動について具体的に紹介していきます。


1) 起きた出来事の意味を考えて言語化する

人生の転機で起きた出来事や変化にどんな意味があるのかを明確にしましょう。

「この出来事にはどのような意味があるのか?」
「この出来事は自分に何を教えてくれているのか」など、自分にとっての意味を考えることです。

その出来事のタイミングや、どんな未来につながるかなども重要です。

また自分のみならず第三者の視点や歴史上の偉大な人物の視点など、客観的視点を交えることで、なにか大きな気付きへ繋げられるかもしれません。

そして、それを書き留めたり人に話したりなどして、自分の頭の中を整理することが大切です。

頭の中だけで考えていては、うまく整理できないってことですね。
そうです。きちんと言葉で表現することで整理されますし、その出来事をしっかり見つめて考える(多角的にみる)ことができるからです。

多角的な見方により、その出来事により発生する自分の課題が、

  • 今向き合うべきものなのか、
  • 未来を見据えて向き合うべきものなのか、
  • 過去から持ち続けているものなのか

こうしたことが明確に見えてくるでしょう。

神話の法則では、「課題をクリアしない限り、同じ失敗を繰り返す」と言われています。

その課題自分の人生にプラスに反映させるためには、「過去・現在・未来」の視点で考えることも避けては通れません。


2) トラウマやネガティブな出来事の意味を捉え直す

誰もが大なり小なり何らかのトラウマなどを持っています。

過去の苦い体験やこじれた人間像関係から、マイナス思考や自己否定など、その形は色々です。 

また、先延ばしにしている事案や諦めてしまったことも心残りという意味でここではトラウマとします。

これらのトラウマが、人生の転機において足かせとなる場合があるのです。

トラウマやネガティブな記憶により、新しいステージや変化などに必要以上に慎重になってしまい、思考や行動が制御されてしまうことがあるからです。

人生の転機において、トラウマをクリアすることが自身が飛躍する大きなチャンスとなるのです。

でも、完全にトラウマを克服するのはとても難しいですよね。
そうですね。でも、克服に向けた行動を少しでも起こそうとする気持ちが大事なのだと思います。

カウンセリングやセラピーを受けたり心理学にふれたりするなどにより、トラウマへの抵抗感が多少なりとも軽減され、変化が生み出されるでしょう。


3) 自己評価・セルフイメージを高める

セルフイメージとは、自分で自分に抱く自己評価や印象のことです。

心理学の研究においては、「セルフイメージが、仕事や人間関係、恋愛、収入、キャリア、健康で手にする結果を決定づける」と言われており、自分の行動や考え方の中枢であるといっても過言ではないでしょう。

しかし、ある意味これは「思い込み」であるといえ、逆を言えば「自分はピンチに強い」というセルフイメージを持つことによりプレッシャーに打ち勝てるということです。

ですから、その「思い込み」を確かなものにするために、何事も達成するまでやり遂げるクセをつけたり、尊敬する人物を意識して参考にするなど、自分自身への信頼を高める努力をすることが大切です。

セルフイメージの高め方については、次の記事で詳しくまとめています。セルフイメージは「人生を変える」とまで言われるほど大事なことなので、ぜひ読んでみてください。

<関連記事を入れる>

私、けっこうネガティブ思考なので、この話は耳が痛いです。

もし「自分には出来ない」などのマイナスな思い込みがある場合は、そう思う根拠やその思い込みが自分にどう影響するかなどを考え、向き合うことも必要になるでしょう。

  • 「私なんか」
  • 「私には無理」
  • 「私は無力」
  • 「私は人より劣っていて価値がない」

こうした思い込みがあると、人生の転機で良い選択をして、乗り越えていくことができません。

人生の転機を迎えた、あるいは人生の転機の前兆・予兆を感じたら、マイナスの思い込みを変えるチャンスと捉えて、具体的な行動を起こしてみましょう!

マイナスの思い込みを変えることを「ビリーフチェンジ」と言い、次の記事で詳しくまとめています。

人生の転機には、この「ビリーフチェンジ」も重要な鍵となりますし、最高の人生をつかむためにも絶対知っておくべき知識だと確信してますので、ぜひご覧になってみてください。

<関連記事を入れる>


4) 心身のリラックスし、大切なことに時間を使う

自分を奮起させることも大切ですが、そればかりではなく心身を休め、癒すことも大切です。

リラックスした良い心理状態で、あなた自身と向かいあいましょう。

また、自分を大切にし、自分・家族・健康など、本当に大切なことを意識することにより、人生の流れも変わるでしょう。

  • あなたにとって大切なことは何か?
  • 大切だと思う理由はなにか?
  • その大切なことを行うことで何が得られるのか?
  • それを行うために、最初にできそうなことはなにか?
  • それを行うことによるマイナス影響はあるか?

こうした観点から、あなたにとって大切なことをじっくり考えて、より多くの時間を割けるように意識しましょう。

あなたにとって大切なことに時間を使うことが人生の転機には重要になります。

さらに可能ならば、人生が新しい展開を迎えるといっていい転機に、魅力的な未来を描くことは非常に大切です。

そうすることで、脳(RAS)や無意識が未来を意識し、思考や行動の変化につながるのです。


ところで、人生の転機って男性と女性で、違いはないんですか?ほら、女性には出産っていう人生の節目もありますし。
鋭いですね。では、次の章では、人生の転機における男女の違いを見ていきましょう。


人生の転機は、男性と女性とこんなに違う!?

人生の転機といっても、男性と女性とで、違いがあるんではないか?

そう感じたあなたは、なかなか鋭いですね。
男女は思考回路自体が違うとも言われるので、当然といえば当然かもしれません。


男性にとっての人生の転機=恋愛!?

人生の転機を全体的なメカニズムとして捉えたとき、恋愛のそれと類似性を感じます。
具体的に書き出してみましょう。

仕事における人生の転機メカニズム

新しい仕事はわくわくして楽しい!
  ↓
だんだん飽きてくる
  ↓
手抜きをするようになる
  ↓
少しずつうまくいかなくなる
  ↓
何をしてもうまくいかないと感じる
  ↓
新しい仕事が来て、それに夢中になる
  ↓
成功する
  ↓
人生の転機が完成

ここでは仕事を例に勧めましたが、男性にとってはこの仕事を“女性”に置き換えてもしっくりくるのでないでしょうか。

全ての男性がそうではありませんが、付き合う女性のレベルがどんどん上がっていくという話もよく耳にします。

ですが女性の場合、前述のメカニズムを“男性”に置き換えたとしても納得できないかもしれません。


男性と女性で「人生の転機」はどう違うのか?

人生の転機における男女差について考えてみましょう。

人生の転機について、とあるアンケート結果によると、“仕事”を転機として挙げる男性が多い一方で、女性は仕事よりも“結婚・出産”を転機として挙げる人が多く、違いがありました。

男性は人生のステージを仕事に置き、そこでの変化に人生の転機を感じやすい。女性は人生のステージの変化そのものを転機と捉えている傾向があるようです。

男性にとっての人生の転機は、今ある世界を積極的に切り開くこと。

女性にとっての人生の転機は、自らの中で新しい世界をつくっていくことといえそうです。


男女で人生の転機に対する挑み方も違う

では、男女それぞれの人生の転機への挑み方についても男女で異なると考えられます。

男性は、その世界を切り開くために、いろいろなことを観察しに出かけて行くのも良いかもしれません。

転機でどんな選択を取るにしても頭の切り替えになりますし、そうして蓄積された知識や経験が何かのヒントになるということもあります。

女性はどんなふうに行動すればよいですか?

女性は、まず人生の転機が“環境が変わること”といえますので、ともすれば、「女性は、自分で人生の転機を作れる」と言えるかもしれません。

身に着けるものや部屋の模様替えなどの小さなところから、結婚・出産など人生のイベントともいえる大きなことまで、それまで培ってきた環境を破り、新しいステージを創っていくことです。

このように男女に分けるだけでも違いがありますから、人生の転機の予兆や傾向は千差万別です。

人生の転機が訪れていると感じた際には、自分の状況をしっかりと見極め、その時の自分自身と向き合うことが大切といえるでしょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

1 人生の転機とは? 起こりやすい3つのタイミングとは?
2 こんな前兆は人生の転機を迎えているサイン
3 「人生どん底」 外的要因で迎える転機とは?
4 人生の転機で正しい選択をするために大切なこと
5 人生の転機でとるべき行動と具体的な4つの手順
6 人生の転機において最高の結果を導く4つの行動とは
7 人生の転機は、男性と女性とこんなに違う!?

このような内容を見てきました。

人生の転機とは、自分自身の成長と密接な関わりがあり、成長したときや成長が必要とされているとき、他にも人生の節目などに起こりやすくなります。

この転機には誰にでも何らかの前兆がありますので、人生の転機がきていると気がつくきっかけになるかもしれません。

人生の転機の前兆・予兆を知っておくこと。どう行動すればよいかを知っておくこと。この2つが大切でしたよね。

人生の転機が来たら、直接的には環境を変えるか、環境は変えずに考え方を変えるかという選択肢がありますが、転機となる出来事は何らかの課題を伴います。

その課題をクリアし、より良い人生であり魅力的な未来につながるきっかけになるということです。

その場の衝動ではなく、人生をより良いものにするために必要なことは何かをじっくり考えて選択することで、あとあとその選択は“正しかった”と思えるものになります。

どうか焦らずに、自分自身と向き合って、自分に自信をもって決断してくださいね。応援しています。

\ SNSでシェアしよう! /

Career-1upの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Career-1upの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 人生の転機の体験談まとめ【失恋・離婚】年齢や前兆、人間関係や辛い別れでの決断とは

  • 人生の転機の体験談まとめ【恋愛・結婚】年齢や予兆、人生のどん底の乗り越え方とは

  • 「ご査収ください」の正しい意味と使い方を例文でズバッと解説!返事や英訳も